ふるさと納税と楽天マラソンは相性抜群!返礼品とポイント合わせて実質50%還元!

楽天
この記事は約3分で読めます。

本記事がおすすめ人

  • 楽天市場でふるさと納税するの人
  • ふるさと納税でポイント還元をたくさん受けたい人

本記事でわかること

  • ふるさと納税で最も多く楽天ポイントを獲得する方法

本記事の結論

  • ふるさと納税は楽天マラソン開催時に寄付すべきし
  • 少額のふるさと納税で店舗数を稼ぐべし

楽天マラソンとは


時間ある方は以下の動画で楽天マラソンについて詳しく解説しています。

お忙しい方は以下に要約を載せてます。

【攻略法】楽天市場のお買い物マラソンとは?ポイントを効率的に貯めるおすすめ商品も解説!

動画の要約

  1. 楽天マラソン中に楽天市場で10ショップ買い物すると10%ポイント還元
  2. 少額のふるさと納税でショップ数を稼ぐ
  3. 楽天SPUも組み合わせる更にポイント還元率がUP

実質50%還元を受ける方法

まず50%の内訳を表示します

ふるさと納税の返礼品30%
楽天マラソン9%
無料SPU6.5%
5と0が付く日2%
楽天ウエブ検索1%
楽天スポーツ勝利1~3%
合計49.5~51.5%

上の表にもある通り、
これらのすべての条件が合う日(楽天スポーツはなくてもよい)
ふるさと納税を楽手市場で行ってください。

無料SPUなどは以下の記事で説明していいるので、
ぜひ読んでください。

では簡単にふるさと納税について説明します。

ふるさと納税は
納める地方税の一部を好きな市町村に寄付することができる
制度です。

しかし、ただ寄付しただけでは何お得にもなりませんが、
ふるさと納税では寄付したお礼に返礼品をもらえることがあります。

この返礼品が寄付金の約3割に相応するため、
実質地方税が3割安くなったように感じがして、
巷では人気になっています。

しかし、寄付できる金額には上限があります。
上限の計算方法は楽天市場で計算できますので、
ぜひ一回計算してみてください。

例えば5万円が上限だった場合、
1万円ずつ寄付する場合、
5つの自治体までしか寄付できません。

これでは楽天マラソンの10ショップにはたどり着けません。

そこで私が提案したいのは

10つのふるさと納税で寄付上限に達するように調整する

もちろんふるさと納税に詳しい方は、
ワンストップ制度が使用したい
と思う方もいるかもしれません。

その場合は、

ふるさと納税+それ以外で10ショップ以上になるように調整する

この場合でもふるさと納税分は約50%の還元を受けることができます。
(さらにそのほかで買ったものも20%ほどポイント還元されます)

しかし、この場合に注意してほしいのは、
ショップ数を増やすために無理に買わないことです。

20%の還元があるにしても、
本来いらないものだったとしたら、
その残りは80%は損失になります

だから、私は必ず無駄にならない
ふるさと納税だけで楽天マラソンの10ショップを完走する

方を強く推奨します。

タイトルとURLをコピーしました